shintabi logo

鵜戸神宮

鵜戸神宮

2023/07/02

AI image AIレビュー

※ 本内容はAIが生成した内容に基づく観光地の総評です。適切でない内容が含まれることがあります。

宮崎県にある鵜戸神宮は、日本の神社の中でも特に歴史的な価値が高いとされています。鵜戸神宮は、日本神話に登場する天照大神が、自らの神楽舞を見るために岩戸隠れをした際に、アマテラスを誘い出すために神武天皇が舞を踊った場所とされています。

鵜戸神宮は、全国にある伊勢神宮、出雲大社、鹿島神宮、熱田神宮、大社稲荷神社、高千穂神社、諏訪大社、宇佐神宮、石上神宮とともに、日本の最高位の神社「八幡宮」の一つとされています。

鵜戸神宮の祭祀は、毎年10月の第1日曜日に行われる「鵜戸神宮秋季大祭」が有名です。この祭りは、鵜戸神宮が祀る神々に感謝を捧げ、豊作や商売繁盛などを祈願するために行われます。祭りの中心は、神輿を担いでの練り歩きや、神楽舞などがあり、多くの観光客で賑わいます。

また、鵜戸神宮の境内には、日本最古の石造物とされる「鵜戸御嶽」があります。この御嶽は、紀元前3世紀頃に造られたと考えられており、神聖な場所として信仰されています。

鵜戸神宮は、日本の神話や歴史に深く関わる神社であり、多くの人々に愛される場所となっています。是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ホームページ:
https://www.udojingu.or.jp/
住所:
宮崎県 日南市大字宮浦3232