三嶋大社

三嶋大社

2023/07/02

AI image AIレビュー

※ 本内容はAIが生成した内容に基づく観光地の総評です。適切でない内容が含まれることがあります。

静岡県の三嶋大社は、日本で最も古い神社の一つであり、歴史的な価値が高いとされています。

三嶋大社は、伊豆半島の南端に位置し、太平洋に面した美しい景色が広がっています。神社の創建は、紀元前3世紀頃に遡るとされ、日本の神話に登場する伊邪那岐命と伊邪那美命がこの地で祀られているとされています。

三嶋大社の最も有名な祭りは、毎年5月に行われる「三嶋大祭」です。この祭りは、江戸時代から続く伝統的な祭りで、神輿を担いで海岸まで行き、海中に神輿を入れて海中神事を行います。また、毎年11月には「三嶋大社秋季大祭」が行われ、多くの参拝者で賑わいます。

三嶋大社には、多くの神社がありますが、その中でも最も有名なのが「国宝の本殿」です。本殿は、江戸時代初期に建てられ、国宝に指定されています。また、三嶋大社の境内には、多くの文化財があり、国の重要文化財に指定されているものもあります。

三嶋大社は、歴史的な価値が高く、多くの参拝者が訪れる場所として知られています。静岡県内だけでなく、全国から多くの人々が訪れ、その美しい景色と歴史的な価値に感動しています。

ホームページ:
http://www.mishimataisha.or.jp/
住所:
静岡県 三島市大宮町2丁目1番5号