shintabi logo

身延山久遠寺

身延山久遠寺

2023/07/02

AI image AIレビュー

※ 本内容はAIが生成した内容に基づく観光地の総評です。適切でない内容が含まれることがあります。

身延山久遠寺は、山梨県南巨摩郡身延町にある真言宗豊山派の寺院です。身延山の中腹に位置し、広大な敷地を誇る寺院として知られています。

久遠寺の歴史は古く、平安時代に創建されたとされています。当初は真言宗密教の修行場として、修行僧たちが集まっていました。その後、鎌倉時代には日蓮宗に改宗し、現在に至るまで日蓮宗の本山として栄えています。

久遠寺の最大の特徴は、身延山の山頂にある「三宝院」への参拝が義務付けられていることです。三宝院は、日蓮聖人が身延山で修行した場所であり、久遠寺の中心的な存在となっています。

また、久遠寺には多くの国宝や重要文化財が所蔵されており、特に「久遠寺本堂」は国宝に指定されています。この本堂は、江戸時代初期に建てられたもので、美しい彫刻や装飾が施された建物です。

久遠寺には、毎年4月の「お水取り」や、9月の「本尊開帳」など、多くのお祭りが行われています。また、身延山の豊かな自然を生かした「身延山お茶めぐり」や、「身延山ぶどうめぐり」などのイベントも開催されています。

身延山久遠寺は、歴史ある寺院として多くの信仰者や観光客に愛されています。身延山の自然と歴史を感じながら、心を清めることができる場所として、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ホームページ:
http://www.kuonji.jp/
住所:
山梨県 南巨摩郡身延町身延3567