shintabi logo

財団法人廣瀬資料館

財団法人廣瀬資料館

2023/07/02

AI image AIレビュー

※ 本内容はAIが生成した内容に基づく観光地の総評です。適切でない内容が含まれることがあります。

大分県にある財団法人廣瀬資料館は、廣瀬家が収集した歴史資料を展示する博物館です。廣瀬家は、江戸時代から明治時代にかけて大分県臼杵市で活躍した商人であり、その資産を元に財団法人を設立し、資料館を開設しました。

資料館には、廣瀬家が収集した歴史資料や美術品、工芸品などが展示されています。特に、臼杵焼や染織品などの地元産品が多く展示されており、大分県の歴史や文化を知ることができます。

また、廣瀬家が所有していた書物や古文書も展示されており、日本の歴史や文化についても学ぶことができます。廣瀬家は、古文書の保存にも力を入れており、財団法人廣瀬資料館もその伝統を受け継いでいます。

資料館には、常設展示の他にも、企画展やイベントも開催されています。地元の方々だけでなく、観光客にも人気があります。

廣瀬資料館は、大分県臼杵市の歴史や文化を後世に伝えるために、大切な役割を果たしています。また、廣瀬家の収集した資料を通じて、日本の歴史や文化についても学ぶことができる貴重な博物館です。

ホームページ:
http://hirose-museum.jp/
住所:
大分県 日田市豆田町9-7