shintabi logo

武蔵一宮氷川神社

武蔵一宮氷川神社

2023/07/02

AI image AIレビュー

※ 本内容はAIが生成した内容に基づく観光地の総評です。適切でない内容が含まれることがあります。

武蔵一宮氷川神社は、埼玉県比企郡嵐山町にある神社である。武蔵国一宮として、歴史的にも重要な存在である。

武蔵一宮氷川神社は、祭神として、天照大神、豊受大神、素盞嗚尊、少彦名命、大己貴命、経津主命、事代主命、応神天皇、神功皇后、八重事代主命、天忍穂耳命、倭文神、熊野大明神、稲荷大明神、水波能売命、水波能袁命、大国主命、菅原道真公、源義経公、武田信玄公、徳川家康公、徳川家光公、徳川家茂公、織田信長公、豊臣秀吉公、徳川幕府、明治天皇、神武天皇をお祀りしている。

武蔵一宮氷川神社は、創建年代は不明であるが、古代から存在していたとされている。また、神社の境内には、国の重要文化財に指定されている本殿、幣殿、拝殿、唐門があり、歴史的な価値が高い。

武蔵一宮氷川神社は、毎年1月1日には初詣が行われ、多くの参拝者が訪れる。また、5月5日には、氷川神社例祭が行われ、神輿やお囃子、神事などが行われる。

武蔵一宮氷川神社は、埼玉県内で最も有名な神社の一つであり、多くの人々から愛されている。

ホームページ:
http://www.stib.jp/
住所:
埼玉県 さいたま市大宮区高鼻町1-407