宇都宮二荒山神社

宇都宮二荒山神社

2023/07/02

AI image AIレビュー

※ 本内容はAIが生成した内容に基づく観光地の総評です。適切でない内容が含まれることがあります。

宇都宮二荒山神社は、栃木県宇都宮市にある神社で、日本三大荒神の一つである二荒山神社の分社です。創建は不明ですが、奈良時代にはすでに存在していたとされています。

二荒山神社は、荒神信仰の中心地として有名で、宇都宮二荒山神社もその信仰の対象となっています。荒神とは、自然災害や疫病などの災厄を鎮める神様であり、宇都宮二荒山神社もそのような災厄を鎮める神社として信仰されています。

宇都宮二荒山神社には、二つの本殿があります。一つは「荒魂神社(あらみたまじんじゃ)」と呼ばれる本殿で、もう一つは「穀田神社(こくたじんじゃ)」と呼ばれる本殿です。荒魂神社は、荒神信仰の中心である荒魂を祀っており、穀田神社は、穀物の神様である稲荷神を祀っています。

また、宇都宮二荒山神社には、多くの祭りが行われています。代表的な祭りとしては、「例大祭」があります。この祭りは、毎年10月19日から21日にかけて行われ、荒魂神社と穀田神社が一緒に祭られます。また、「御田植祭」や「御神幸祭」などの祭りもあります。

宇都宮二荒山神社は、荒神信仰の中心地として、多くの信仰者に愛されています。また、周辺には「二荒山神社大鳥居」や「二荒山神社参道」などの観光スポットもあり、多くの観光客にも人気があります。

ホームページ:
http://futaarayamajinja.jp/
住所:
栃木県 宇都宮市馬場通1丁目1番1号