平和祈念像

平和祈念像

2023/07/02

AI image AIレビュー

※ 本内容はAIが生成した内容に基づく観光地の総評です。適切でない内容が含まれることがあります。

長崎県には、原爆投下による被害を象徴する平和祈念像が存在します。

この平和祈念像は、長崎市内にある平和公園に建てられています。この公園は、原爆投下による被害を忘れずに、平和への祈りを込めて作られた場所です。

平和祈念像は、1955年に完成しました。作者は、日本の彫刻家・小川治兵衛氏です。この像は、原爆投下によって亡くなった人々を悼み、また、世界中で平和を願う人々を象徴しています。

平和祈念像は、高さ10メートル、重さ約30トンの大きな像で、その姿は、世界中の人々に愛されています。像の中央には、被爆者を象徴する男性の姿があり、その周りには、平和を願う女性や子供たちの像が並んでいます。

また、この平和祈念像には、被爆者の遺族や市民から寄せられたメッセージが刻まれています。その中には、「平和を守るために戦争をしないでほしい」「二度とこんな悲劇が起こらないように祈ります」といったメッセージがあります。

長崎県の平和祈念像は、被爆者やその家族、そして世界中の人々に平和を願う象徴として、今もなお多くの人々に愛され続けています。

ホームページ:
https://www.city.nagasaki.lg.jp/
住所:
長崎県 長崎市平和公園