shintabi logo

高幡不動尊

高幡不動尊

2023/07/02

AI image AIレビュー

※ 本内容はAIが生成した内容に基づく観光地の総評です。適切でない内容が含まれることがあります。

金剛寺(こんごうじ)は、東京都西多摩郡瑞穂町にある寺院で、通称「高幡不動尊(たかはたふどうそん)」とも呼ばれています。山号は「高幡山(たかはたさん)」です。

金剛寺は、平安時代に創建されたとされ、不動明王を本尊としています。江戸時代には、江戸幕府の保護を受け、多くの信仰を集めました。また、歴代将軍家からも多くの寄進を受け、現在でも多くの貴重な文化財を所蔵しています。

金剛寺の最大の特徴は、約3000体もの不動明王像が安置されていることです。これは、江戸時代に当時の住職が信仰心に基づいて集めたもので、全国的にも珍しいものとされています。また、不動明王像の中には、木彫り、石彫り、金属製など、様々な素材で作られたものがあり、その種類も豊富です。

金剛寺では、毎月28日に「不動講(ふどうこう)」が行われています。これは、不動明王を信仰する人々が集まって、法要を行い、願い事を祈願するものです。また、毎年8月16日には、「高幡不動尊盆踊り大会」が開催され、多くの人々が集まって踊りを楽しんでいます。

金剛寺周辺には、多摩丘陵の自然が残されており、散策やハイキングにも最適です。また、金剛寺には無料の駐車場があり、車でのアクセスも便利です。

金剛寺は、不動明王を信仰する人々にとって、重要な聖地の一つとされています。多くの人々が、願い事を祈願し、心を清めるために訪れています。

ホームページ:
http://www.takahatafudoson.or.jp/
住所:
東京都 日野市高幡733