忍野八海

  • image0
  • image1
  • image2

忍野八海

2021/09/12

湧水でできた池が点在している忍野八海。名前の由来通り8つの池からこんこんと富士山の伏流水が湧き出ています。

全ての池には名前があり、『鏡池』など名のごとく富士山が水面に映る姿を見ることもできます。

また8つの池を全てを回っても2~3時間程度なので富士の麓の散策コースとしてもぴったりです。

まずはどの駐車場に停めるか、もしくはどのバス停で降りるかで、スタートする池が異なります。最初の池に出合えれば、その後は案内標識や人の流れで次の池に到着。地図を見なくても散策できるのが忍野八海の魅力です。

忍野八海の中心地でかつ一番の賑わいを見せるのが『湧池』周辺です。山梨特産のお土産や川魚の炭焼き、蕎麦屋などのレストランや売店などがあります。散策途中の腹ごしらえにはうってつけです。

また時期によっては、露店販売で新鮮な野菜やホワイトコーンの販売も。ホワイトコーンはその場で食べられ、かつ通常のとうもろこしよりも糖度があるため美味です。

忍野八海の楽しみ方としては、それぞれの風景に相まった池の風情を味わったり、朝夕での違いを感じたり。また自分の好きな池を見つけるのも面白いかもしれません。

富士の麓でゆるりとしたひとときを過ごしたい方におススメです。